作業員

足場シートの設置は近隣環境への配慮と安全維持の表れ

海での使用を前提

作業員

油処理剤は、海での使用を想定されて作られた特殊な薬剤になります。その為、川やダム、池での使用には向きません。水深の浅い川で使用してしまうと、油が沈んでしまう恐れもあるので、海以外での使用はできません。川で発生した油の処理には、吸着マットを使用することをおススメします。

油処理剤は、引火性の溶剤です。使用する際は、近くに火元になる様な設備がないか確認してから使用しましょう。また、静電気の発生にも気をつけましょう。油処理剤の使用を行なう際は、自治体や組合、大規模な現場であれば地元海上保安部に連絡してから使いましょう。勝手に油処理剤を使用すると、漁業や繁殖に影響を及ぼしかねません。専門家のアドバイスに従って使用しましょう。

油処理剤を効率的に使用すれば、消波ブロックや岩肌に付着した油の処理も行なえます。剥離剤の効果も含んでいるので、付着している面積に応じた薬剤を使用しましょう。油が付着した部分に散布した後は、油と薬剤が混じりあう頃を見計らって水を散布して油の除去を行ないましょう。剥離剤が入っている容器のほとんどが缶になっています。保存状態を良くするには、風通しのよい静かな場所が良いでしょう。コンクリートを使用した床や壁がある部屋では、缶に直接触れない様に配慮しましょう。コンクリートに含まれる水分の影響で、缶の劣化が早まってしまうこともあります。保存環境が良ければ5年から10年前後は使うことができます。

Copyright© 2016 足場シートの設置は近隣環境への配慮と安全維持の表れ All Rights Reserved.