作業員

足場シートの設置は近隣環境への配慮と安全維持の表れ

基本的な使用方法を知る

土嚢袋

台風や豪雨の影響で、浸水被害に合うこともあります。何の対策も行なわなければ、水が家の中に侵入してしまい被害が拡大してしまいます。最小限に留める為には、自分達で土のう袋を作り、水の侵入を防ぐ必要があります。土のう袋とは、文字通り袋に土が入っている物になります。災害時にこの土のう袋を使うことで、水の侵入を防ぐことができるのです。特に、地下に建物が設計されている飲食店や、駅口内の入り口に使うと効果的です。

土のう袋は、自宅にあるゴミ袋で作ることもできますが、耐久性のことを考えると、ホームセンターで販売している様な専用の袋を使用した方が良いでしょう。水が侵入してくると予想されたドアの入り口や窓付近に高く頑丈に袋を並べることで、被害を最小限に留めることができます。土のう袋を並べるのは初めての方は、段ボールを一緒に使用した並べ方をマスターしましょう。設置したい部分に段ボール箱を置き、その中に土のう袋を敷き詰めていきます。そうすれば、立体的に袋を組んでも、バランスを保つことができるので安心です。高さのある段ボール箱を使用すれば、それだけ水の侵入も阻止できます。その上からさらに、ブルーシートを重ねれば、防水性も増すので、より水の侵入を阻止することができます。

袋を使う時というのは、大抵が緊急時です。その時になってから急いで用意するというのは難しいので、あらかじめ購入しておくことが必要です。自宅の大きさに応じた数の袋を購入しましょう。

Copyright© 2016 足場シートの設置は近隣環境への配慮と安全維持の表れ All Rights Reserved.