作業員

足場シートの設置は近隣環境への配慮と安全維持の表れ

安全確保と広告媒体

建設現場

工事現場ではよく、建物を覆っているシートを見かけます。あのシートはイメージシートと呼ばれることがあります。本来、工事現場の防音対策や飛散物の散乱を防ぐ為に取り付けられていました。白や無地などシンプルなものが多かったのですが、建物全体を覆うので広大な面積がうまれます。そこに広告としての媒体価値を見出しイメージシートが誕生しました。

イメージシートでは、工事を行なっている会社のロゴや会社名をプリントすることが多いです。イメージシートを使って会社をアピールすることができるので、営業をせずに様々な人に知ってもらえます。さらに、建物の密集地でイメージシートを活用すれば、近隣に施工実績のアピールもできます。高い建物や有名企業のビルを建設する際は、イメージシートを是非活用しましょう。

シートを作成する時は、専門業者に依頼して作成しましょう。どのぐらいの高さの建物に設置するのか、デザインやロゴはどの様にプリントするか、話合いながら決めていけば最適なシートを作ることができるでしょう。イメージシートの価格は大きさによって異なるので、予算を伝えて見積もりを出してもらいましょう。生地や印刷、加工方法も様々なので、どの様な仕上がりになるのか違いを比較することも重要です。制作事例や活用事例があれば見せてもらいイメージを膨らませてみましょう。デザインのサンプルがあれば資料を貰って選んでみましょう。信頼できる業者を選んで作成を依頼しましょう。

Copyright© 2016 足場シートの設置は近隣環境への配慮と安全維持の表れ All Rights Reserved.